なんでもない毎日が、かけがえのない宝物なのん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海合宿 2日目の記録

深夜まで降り続いた大雪が嘘のように晴れ上がった3月11日は合宿の「公式な」日程の初日となりました。前日の疲れからもなんとか回復し、晴天のもと四日市近辺を飛び回る大変忙しいながらも充実した1日になったと思います。

843069454.jpg
本来ならチェックアウトギリギリまでホテルに居座ってのんびり出撃……といきたかったのですが朝から大ネタが登場したため慌ただしい出発となりました。まずはホテル隣接のカフェで朝食を済ませ、荷物を置いたまま7時半にホテルを飛び出してレンタサイクルを借りに近鉄四日市駅へ。四日市周辺は比較的狭い範囲に撮影地が密集しているものの徒歩での移動は少々厳しいため自転車利用ということになりました。普通の自転車なら1日120円、電動自転車でも1日240円で乗れる大変オトクなレンタサイクルだと思います。

何度か道に迷い冷や汗をかいたものの8時前に無事海山道の陸橋に到着し、前日から続く運用に入ったDD51原色重連の5263レを狙うことに。この陸橋で同好会の後輩0君と合流し、待つこと20分程度で本命の原色重連がやってきました。青空と雪の残る地面に朱色4号が映えるこれ以上ないぐらいの最高のコンディションで、これだけでも四日市まで来た甲斐があったと思える会心の1枚になりました。
DSC_0727.jpg
2014/3/11 08:17 四日市-塩浜 1/640, F7.1, ISO100

気分よく1枚目を撮ったところで一旦ホテルに引き返して荷物をまとめ、近鉄四日市駅のコインロッカーに大きな荷物を詰め込んで再び出撃。最初の海山道陸橋とは逆側の海蔵川築堤へ向かい、三岐鉄道から継走のセメント列車5363レを撮りに行きました。このセメント列車は富田-四日市の短い区間のみの運転ですが、そのぶんピストン輸送で頻繁に来るので撮影地を変えつつ1日中楽しめると思います。
DSC_0741.jpg
2014/3/11 09:44 富田浜-四日市 1/640, F6.3, ISO100

この列車を撮ったあと急いで四日市港まで南下し、入換中の風景も撮ることに。四日市港駅内では入換用スイッチャーの姿も見られました。積荷を満載した列車を切り離したDD51は待機していた返空列車に付け替えられ、三岐鉄道との接続駅である富田まで貨車を回送することになります。
DSC_0751.jpg
2014/3/11 10:02 四日市港駅周辺 1/400, F6.3, ISO100
DSC_0767.jpg
2014/3/11 10:05 四日市港駅周辺 1/400, F6.3, ISO100

入換も撮って満足したところで、今度は四日市駅前の通称北浜カーブへ移動。朝の原色重連の返しを撮るべく張り込みました。既に前面には光が当たりませんでしたが、煙を吐いて築堤を駆け上がる姿は迫力満点です。
DSC_0803.jpg
2014/3/11 10:48 富田浜-四日市 1/640, F6.3, ISO200

11時半に一旦近鉄四日市に戻って同好会の残りのメンバーと合流し、そこから本格的に撮影合宿スタートとなりました。四日市周辺の撮影地はどこもそれなりにキャパがあり、5人程度なら何の問題もなくのびのびと撮影できたと思います。せっかく四日市まで来たのだから名物の末広橋梁は外せないと思い、再び海蔵川築堤→四日市港のコースへ。残念ながら橋の開閉を見ることはできませんでしたが、運河を渡る臨港線の空気を存分に楽しめました。
DSC_0862.jpg
2014/3/11 13:09 四日市-四日市港 1/800, F7.1, ISO200

ここから息をつく暇もなく四日市駅へとんぼ返りし、やってきた石油返空の79レをギリギリ捕獲。まだサイドまで光が回っていませんが、逆向きから来るセメント列車や時折通過する快速みえなどを間に挟みつつしばらく居座ることにしました。5367レが来る頃には日もだいぶ傾き、よい光線状況で楽しめました。
DSC_0868.jpg
2014/3/11 13:27 富田浜-四日市 1/800, F7.1, ISO200
DSC_0880.jpg
2014/3/11 14:46 富田浜-四日市 1/800, F7.1, ISO200

5367レ撮影後、ここまで朝食以来飲まず食わずだったことを思い出し次の列車が来るまで休憩。前日に続いて駅前の日の出らーめんのお世話になりました。つけ麺とまぜそば、どちらも大変好みの味だったので関西進出が待ち遠しく思われます。その後腹ごしらえを済ませて6369レを撮るべく先程の撮影地に戻ったものの来る気配はなく、名古屋周りで遅れてきた後輩2名からは富田の貨車が動かないという情報をキャッチ。しかし引くに引けず、結局日没間際の75レまで粘ってしまいました。残念ながら原色重連は稲沢で崩されA更新+原色となりましたが……
DSC_0910.jpg
2014/3/11 17:31 富田浜-四日市 1/640, F5, ISO800

完全に日が落ちたところで自転車を返却し、この日最後のプランである塩浜バルブを消化しに塩浜へ。駅北側の踏切は定番スポットということもあって多くの同業者で賑わっていました。発車は18時半頃ですがこの時期でもまだ薄明るかったので、そろそろバルブシーズンは終了なのかもしれません。
DSC_0919_2014032123314163a.jpg
2014/3/11 18:16 塩浜駅 8.0, F20, ISO200
DSC_0936.jpg
2014/3/11 18:27 塩浜駅 1/8 F2.8, ISO1250

朝から走り回ってヘトヘトになりましたが、この日の宿は翌日の衣浦臨海鉄道撮影に備えて碧南中央に取ってあったので気力を振り絞って移動。大きな荷物を近鉄車内に置き忘れ翌日名古屋で受け取りになるというハプニングはありましたが、23時頃なんとか宿に到着しました。タクシー代をケチったため深夜の知らない街を4km近く歩くのはなかなかハードではありましたが、話し相手がいると案外歩けてしまうのが不思議なところです。駅前で買い込んだ遅すぎる夕食を済ませたあとはさすがに疲れていたので全員1時過ぎには寝ていました。私も若干飲んでいたので思った以上にすぐ寝てしまった気がします。

しばらくDD51は撮らなくてもいいと思うほど撮りまくった1日は非常に充実しており、揃って四日市まで来た甲斐があったと心底思いました。合宿の最後を締めた衣浦臨海鉄道の模様はまた明日にでも書きたいと思います。

つづく(?)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マヤカン

Author:マヤカン
他愛もない趣味活動の記録と記憶。
釣ったり撮ったり走ったり。日々是平穏、暢々日和。

※すべての画像はクリックで拡大します。また画像は特記ない限り全て管理人撮影のものです。悪意あるものでなければご自由にご利用ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。