なんでもない毎日が、かけがえのない宝物なのん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土日の撮影記

今週は梅雨入りとはなんだったのかと言いたくなるほど気持ちのいい天気が続いた1週間でした。週末もその天気は続き、少々暑いながらも撮影日和ということで同好会の新歓コンパ前に先輩2人と赤川鉄橋の撮影に行ってきました。80数年にわたって人道鉄道両用橋として地元の人にも鉄道ファンにも愛されてきたこの鉄橋ですが、今秋には大阪外感情鉄道計画の工事のため複線化・人道廃止が決定しています。全国的にも珍しいこの橋の最後の姿をカメラに収めるべく、昼過ぎの貨物列車が集中する時間を狙って出撃しました。

DSC_0692.jpg
城東貨物線の吹田機関区側(北側)から放出側(南側)を向いて撮影。向かって右側に線路、左側が人道となっています。人道の幅は狭く、大人2人が並ぶと狭いぐらいですが地元の人は特に気にする様子もなく自転車を飛ばしていきました。淀川を越えることのできる橋はこの橋の他には1km上流と2km下流にしかなく、この橋がいかに重要な役目を果たしているかよくわかります。看板には無慈悲にも「閉鎖後は930m上流の菅原城北大橋をご利用ください」などと書いてありましたが、自転車はともかく徒歩の人々にそれだけの移動を強要するのはいささか無理がある気もしました。

DSC_0709.jpg
一発目は13時過ぎにやってきたEF81-723牽引の4071レです。スピードこそ遅めでしたが轟音とともに人道を大きく揺らして走り去っていく姿はさすがの迫力でした。ちなみに左下に映っているのは先輩の腕です。

DSC_0720_20130609221331.jpg
川を渡りきってしばらく休憩し、約30分後の1092レを待ちます。鉄橋出口あたりで待ち構えるファンが迎えたのはEF200でした。EF81ですらあれほど橋を揺らしていったので、EF200クラスのマンモスロコだとさらに揺れたのでしょう。

DSC_0732.jpg
さらにその30分後、恐らくほとんどのファンが目当てにしていたであろう5087レ(所定牽引機EF65新鶴見機)を待つことに。肝心なときに連写が使えなくなって機関車の写真はありませんが、人と列車が当たり前のように一緒に橋を渡っていく雰囲気が伝われば幸いです。

DSC_0743.jpg
最後のターゲットは百済から吹田への空コキ回送を兼ねた配1392レです。この日は空コキはなくEF66-121の単機回送でした。

DSC_0745.jpg
日が傾いてきたこともあり赤川撮影はここで撤収し、近所の公園に保存されているEH10を見に行きました。60両以上製造された国鉄初のH級機関車ですが現存するのはこの1機のみで、その貴重性からイタズラ防止のため厳重な管理がされています。さすがに屋外に放置されているだけあってところどころ痛みは見られますが全体的に見れば保存状態は良好でした。この機関車も梅小路に新設される博物館に移送するという噂があり、今後の動向が気になるところです。

DSC_0752.jpg
このあと天王寺で同好会のコンパに参加し、カラオケで夜を明かして季節限定ネタのスーパーレールカーゴを撮るべく野田へ。定刻で第6編成がやってきました。貨物撮り潰しの対象にしているもののこの時期しか撮れないクセモノなので、できればもう1回ぐらい言って納得できるカットを撮ってきたいと思います。

ここ2ヶ月ほど模型製作と撮影ばかりでまったく乗り潰しが捗っていない気がしますが、7月の3連休にはバースデーきっぷを使って四国に行く予定なのでその時に一気に進めたいと思っています。今のところ天気もよく撮影日和が続いていますが、さすがにそろそろ梅雨の影も見えてくるはずなのでその時はまたゆっくり模型製作の続きでもやることになるでしょう。それではまた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マヤカン

Author:マヤカン
他愛もない趣味活動の記録と記憶。
釣ったり撮ったり走ったり。日々是平穏、暢々日和。

※すべての画像はクリックで拡大します。また画像は特記ない限り全て管理人撮影のものです。悪意あるものでなければご自由にご利用ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。