なんでもない毎日が、かけがえのない宝物なのん

本日の撮影記

相も変わらずEF210が不足しEF66の稼働率が非常に高い状況で、EF66-32と思しき釜が吹田のピッドに入ったという情報が入ってきました。終わらない釜不足にJR貨物も悲鳴を上げたのでしょうか、ここ最近のEF66-0番台の活躍ぶりと合わせて嬉しいニュースです。今日は先日27号機が充当された81-86レの運用に24号機が、幡生操からのロングランに36号機が充当されるなど0番台大活躍の1日でした。そんなわけで新たな撮影地開拓も兼ねてまずは神戸線でもトップクラスの人気を誇る超有名撮影地の旧西芦カーブへ。

到着した時点で既に先客2人、適当な場所を探すも柵が高すぎてとてもレンズを出せる状況ではありません。他の人は50cm程度の脚立を準備してきているようで、やはりここでは必須のようです。仕方なく誰かが足場に使ったであろう石の上に転がっていたコンクリートブロックを載せて即席の足場を組み、なんとか撮影できる環境を整えました。

DSC_0597.jpg
待つこと約20分、目当ての2074レは予定通りEF66-36牽引でほぼ満載のコンテナを従えて通過していきました。今まで0番台機は何度も目撃したものの逆光でしか撮ったことがなく、夏光線とはいえほぼ順光で撮れたのは今回が初めてでした。さすがに27号機に比べるとインパクトは薄いものの、車齢を感じさせない力強い走りはいつ見てもいいものです。

DSC_0599.jpg
せっかくなので少しは貨物撮り潰しも進めるべく、後続の5074レもついでに撮影しました。EF210が慢性的に不足している今、代走も含めて縦横無尽の活躍を見せる100番台です。

DSC_0600.jpg
駅に戻って帰りの電車を待っていると思わぬ珍客がやってきました。DD51-1192(宮)牽引の短チキ工臨です。錆びついたうえに曲がったボロボロのレールを積んでいたので、おそらくどこかで交換し不要になったレールを処分しに行くのでしょう。ここ最近全く工臨を見かけなかったので嬉しいサプライズでした。

このあと一旦帰宅・休憩し、15時半の8866レに備えて定番撮影地である元町の陸橋へと足を運びました。しばらく伯備線運用に就いていた原色のEF64-1016が帰区するということで、今回もムド付きです。

DSC_0607.jpg
まずは練習で1056レを撮影。所定牽引機は吹田のEF210ですが、今日はEF200が代走に立ちました。半逆光なので前面まで光は回りませんが、夏光線なら側面には十分光も当たるのでそれなりにオススメできるスポットだと思います。今日は8866レ狙いの人が私を含めて6~7人カメラを構えていました。

DSC_0609.jpg
本務機は1008号機でムドが原色1016号機、積荷はパーツコキ+空コキ×3+日鐵チキ1ユニット(3両)でした。写真では肝心の日鐵チキは切れてしまいましたが、久々に原色のロクヨンを拝めたのでとりあえずはよしとしましょう。伯備運用を撤退したムドを付け、パーツコキの後ろには配給と思われるコキ100系2両、そして検査上がりたてであろうピカピカのコキ50000を従え、後ろを日鐵チキで引き締めるといういかにも8866レらしい珍妙な編成でした。この1016号機がしばらく休むのか中央西線系統の運用に即入るのか、今後の動向が気になるところです。

今日は天気もよく、ネタになりそうな列車もいろいろ走っていたので短時間ながら充実した撮影になりました。6月の初めには1年で最も日の出が早くなるので、地元でのサンライズエクスプレスや大阪近辺でのスーパーレールカーゴなど、季節限定のネタもそろそろ撮っていきたいと思います。それではまた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マヤカン

Author:マヤカン
他愛もない趣味活動の記録と記憶。
釣ったり撮ったり走ったり。日々是平穏、暢々日和。

※すべての画像はクリックで拡大します。また画像は特記ない限り全て管理人撮影のものです。悪意あるものでなければご自由にご利用ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ