なんでもない毎日が、かけがえのない宝物なのん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SL北びわこ号撮影記

少々間が空いてしまいましたが、今回はSL撮影記です。1月下旬の湖北ということもあって残雪を期待して行ったものの雪はほぼ溶けていました。しかし同好会の先輩2人と談笑しつつ、初めてのSL撮影をのんびりと楽しめました。

午前中の北びわこ1号をスルーし、昼前に米原に到着。そのまま長浜を過ぎて河毛で下車し、腹ごしらえをして撮影に備えます。築堤の近くやカーブ付近などはどこも満員御礼といった雰囲気で、許容量的に余裕のありそうだった高時川の橋梁付近を撮影地に決めました。編成全部が入るかどうかがかなり微妙だった上に練習する列車もなく、ほとんどぶっつけ本番での撮影となりました。
DSC_0633.jpg
坂を登り切ったタイミングでの撮影だったため黒煙こそ吐いていませんが、ボギー台車の音とは似ても似つかぬ独特の走行音を堪能できたと思います。牽引はお馴染みのC56-160、客車は宮原所属の12系5両です。当初客車が6連という話を聞いていたためどう頑張っても最後尾までは入り切らないだろうと諦めていたのですが、5両だったこともあってなんとか編成全体を収めることに成功しました。
DSC_0637.jpg
SL通過の約40分後、木ノ本で動力を切って待機している編成を米原まで回送するべく下関所属のEF65-1132が単機で後を追っていきました。今回のSL運行の補助はこの機関車が担当したようで、宮原からの客車回送や木ノ本発米原行きのSL編成回送もすべてこの機が充当されています。寝台特急「なは」が併結化されてからめっきり見かけなくなっていた下関のPFですが、こうした臨時運用ではまだまだ頑張っているようです。ちなみにこの後PF牽引の回送がありましたがそちらは完全に失敗したので写真はありません。
DSC_0649.jpg
最後に珍しいものを一つ。本線上ではかなり珍しい第四種踏切です。恐らくは線路の向こう側にある家の人ぐらいしか使わないのでしょうが、複線電化区間の北陸本線にこんなものが残っているとは知りませんでした。ここだけ時代が止まったようで風情を感じましたが、安全上の問題はどうなのでしょうか……

撮影後は高月駅で一休みし、湖西線経由で帰りました。途中近江塩津で大幅に遅れていたトワイライトエクスプレスを見送り、近江今津ではJR貨物塗装の珍しいEF81を見かけ、京都のポポンデッタで思わぬ掘り出し物を見つけ、先輩の奢りで京都から大阪までサンダーバードに乗るなど充実した鉄分濃い目の1日を送りました。購入した模型についてはまた後日レビューを書こうと思います。今年は年初から濃厚な鉄活動ができてかなり満足しているので、これからしばらくは少しペースを落としつつ春の旅行に備えようと思っています。と言ってもまたネタが走るとなると出かけてしまうのでしょうが。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マヤカン

Author:マヤカン
他愛もない趣味活動の記録と記憶。
釣ったり撮ったり走ったり。日々是平穏、暢々日和。

※すべての画像はクリックで拡大します。また画像は特記ない限り全て管理人撮影のものです。悪意あるものでなければご自由にご利用ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。