なんでもない毎日が、かけがえのない宝物なのん

EF81一般色敦賀運転派出(KATO)

前回の予告通り今日は鉄道模型のレビューです。鉄道模型というと何やら金のかかる厄介な趣味というイメージを持つ人も多いと思いますが、プラレールで遊んだ幼少期を思い出しながらのんびり見ていただければ幸いです。

今回購入したのはこちら。3月16日まで長距離夜行列車「日本海」の牽引機として活躍していたEF81ローズピンクモデルです。代表的な鉄道模型メーカーであるKATOとTOMIXが揃って3月~4月にかけて発売したもので、私もどちらを買うか相当悩みました。結局尼崎の模型店で見かけたKATO版が安かったので衝動買いしてしまいましたが……

まずは写真からどうぞ。携帯で撮ってPCで圧縮したので画質は酷いですがご勘弁くださいまし。
2012-04-17_22-14-29_794.jpg
2012-04-17_22-15-06_85.jpg
2012-04-17_22-15-18_887.jpg
2012-04-17_22-15-27_833.jpg

ナンバープレートは選択式で、このモデルにはJR西日本福井地域鉄道部敦賀運転派出に所属する101号機、106号機、107号機、108号機のプレートが用意されています。接着剤などは必要なく、好きなプレートをはめ込むだけでカスタマイズできるので初心者でも安心です。また日本海のヘッドマークも付属しており、こちらは小型マグネットによる装着となっていて同じく接着剤は必要ありません。また交換も簡単なため、他の列車のヘッドマークに付け替えるといったことも時間をかけずにできます。

ちなみに私は108号機のプレートを装備しています。2月29日大阪発の日本海に乗った時の牽引機であるとともに、3月16日青森発最終便にも使われた栄光の機関車です。自分の乗った列車編成を再現したいという欲望の果ての結果かもしれません。

肝心の走行テストですが、これはもう目から鱗としか言いようのないほど素晴らしいものでした。鉄道模型は基本的に線路から集電してその電気でモーターを回しているため、ほんの少しでも集電不良区間があるとそこで立往生してしまいます。線路には継ぎ目があるので集電不良が発生しやすく、特に古い線路が多いとしょっちゅう立往生してしまうという深刻な問題が発生していて困っていました。しかしこのモデルにはフライホイールという機構が搭載されており、多少の集電不良区間があっても惰性で車体を動かして流すことができるため立往生は一切起こりませんでした。さらにフライホイール非搭載モデルなら集電不良で止まってしまうような低速運転であってもスムーズに走ることが可能です。鉄道模型本来の目的である「走らせる」ことにとことん拘るKATOの本気を感じました。

この機関車を先頭に、2月29日に乗った編成を再現したいと考えているのでしばらくはこの手のレビューが多いかもしれません。機関車含めた10両すべてが揃うのはいつになるのかわかりませんが、全部揃ったらその時はフル編成走行レビューでも書いてみたいと思っています。それではまた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マヤカン

Author:マヤカン
他愛もない趣味活動の記録と記憶。
釣ったり撮ったり走ったり。日々是平穏、暢々日和。

※すべての画像はクリックで拡大します。また画像は特記ない限り全て管理人撮影のものです。悪意あるものでなければご自由にご利用ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ