なんでもない毎日が、かけがえのない宝物なのん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機材トラブルのおはなし

前回の記事で触れた第二次四日市遠征・中央西線遠征は友人が昔使っていた機材を借りて強行したものでした。というのもメイン機であり現在私が所有する唯一のデジタル一眼レフカメラでもあるNikon D3が不慮の事故により大破し工場送りとなっていたのです。当日は沿線で撮影準備をしていたのですが、地形の都合上ほんの少し足をすぼめて三脚を立てていたところ、目を離した隙に突風に煽られて転倒。電源は入り各種設定画面・再生画面等は正常に動作するもののファインダー周辺のダイキャストが割れ肝心のシャッターも下りないという致命的な大怪我に。一瞬の不注意と慢心を後悔しつつ、起きてしまった事故はどうしようもないので修理できないかNikon大阪サービスセンターに持ち込んで確認してもらうことにしました。

センターで対応してくれたスタッフの方いわく、複数に分割されるダイキャストのうち後ボディと呼ばれる台枠部分が破損していれば修理不能で返却とのこと。センターの設備では確認できないため、見積もりも出さずに即日工場送りとなりました。最大修理額は10万円を超えると言われましたが、冬から春にかけての忙しいシーズンに使い慣れたカメラが手元にないという状況だけはどうしても避けたかったので修理の道を選びました。もっともその段階では修理が確定したわけではなく、工場で点検して後ボディの破損が確認されれば未修理返却となる可能性もあったわけですが。

1月30日、修理が完了していればセンターに返送されているはずの予定日。不安だらけでセンターを訪ねると「直ってますよ」と嬉しい返事。不幸中の幸いというべきか、懸念された後ボディの破損はなく、無事元の性能を取り戻して帰ってきてくれました。
修理内容は以下の通りです。
・シャッターユニット・絞り機構・チャージ機構交換(オーバーホール)
・上ボディ・前ボディ交換
・ラバーグリップ交換
・視度調節ダイヤル不良対応
・測光機構不良対応
(総額:96000円)

こう書くと何やらややこしいですが、要するに「ここが壊れたら終わり」という骨格部分以外の全てが新品になったということです。擦り傷・打ち傷だらけでテカリも出ていたダイキャストは深みのあるマットブラックへと復元されており、約24万ショットと消耗していたシャッターユニットも新品交換されたのでまたゼロからスタートできます。地味に不満だった測光機構の不具合(基盤損傷のためマルチパターン測光が使えない)もついでに修正されていました。もともとD3のシャッター耐用回数は30万回程度と言われており、使い続けるには部品保有期限の今年9月までにオーバーホールに出さないといけない状況でした。その代金が約75000円とされており、いずれにせよ出費の大半はいずれ必要になる出費だったので仕方ないと納得しています。もっとも急な事故だったため資金の半分は母から借りており、働き始めたらすぐに返さないといけないところではあるのですが。

突然の事故により破損した愛機、一時はこのまま廃車という可能性も決して低くなかったのが事実です。中古品をもう1台買い直すのと修理するのはほぼ同程度の出費ですし、当座の資金援助は受けられそうだったのでD3sへの乗り換えも検討しました。しかし修理できるならやはり修理して使い続けたいという思いは変わりませんでした。一昨年2月に今のD3を手にして以来撮った列車は数知れず。何気なく撮った1枚も、唇を噛むほど悔しかった1枚も、涙が出るほど嬉しかった1枚もすべてこのD3で撮影したものでした。それだけ愛着と恩のある機体を放棄することなどできませんし、自らの不手際を誠実に処理することが私なりのけじめでもあったわけです。そうして復活した愛機は、翌日の運用復帰時から早速気持ちのいい絵を吐き出してくれました。現在のペースであれば年1万ショット程度、シャッター耐用回数だけを目安にしてもあと30年は使える計算です。いずれD500など新しい機材を手にする日が来るかもしれませんが、そうなってもこのD3は決して手放すことなく大事にしていきたいと思っています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マヤカン

Author:マヤカン
他愛もない趣味活動の記録と記憶。
釣ったり撮ったり走ったり。日々是平穏、暢々日和。

※すべての画像はクリックで拡大します。また画像は特記ない限り全て管理人撮影のものです。悪意あるものでなければご自由にご利用ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。