なんでもない毎日が、かけがえのない宝物なのん

「なは」レガートシート車製作記 その1

2008年で廃止となって久しい寝台特急「なは・あかつき」。TOMIXからは最終運転日のセットが発売されましたがかなりの値段で買うのを躊躇った人も多いと思います。とは言ってもこのセットでしか買えない「なは」のソロ・デュエット車は魅力的で、先日なはセットだけを中古で購入しました。この編成に数両足せば単独運転時代の「なは」編成を再現できるのですが、そのうちの1両は模型化されていません。ないなら作るしかないということで自作に取り組んでみたいと思います。

今回製作する車両はオハ24-300。安価で手軽な高速バスに対抗するため、独立3列シートの座席車を指定席料金で利用できるようにしたJR九州の車両です。ブルートレインの編成に連結されていたもののもとはブルートレイン客車ではなく特急用グリーン車サロ481でした。実車どおりこのサロ481を種車として改造します。

大まかな流れは以下の通りです。
①種車の塗装を剥がす
②いらない窓を埋め、必要なところは拡張する
③屋根上のクーラーの1つをずらす
④車体と屋根をそれぞれを塗装する
⑤内装を変更する(4列シート→3列シート)
⑥組み立てる
⑦インレタを貼る
⑧細部のパーツを交換

それほど複雑な作業はなく、改造初心者でも比較的簡単にできると思います。今終わっているのは①だけですが、この過程が意外と面倒です。分厚い塗装を綺麗に剥がそうとすると紙やすりではムラが出てしまいますし、シンナーを使うと車体のプラスチックごと破壊してしまいます。こうした理由から、モデラーの間では車の水抜き剤を使えというのが定説となっています。乱暴に言うと純度の高いアルコールに漬け込んで塗膜を潰す、といった感じでしょうか。

塗装を落とすとこうなります。ところどころ残っていますが、この程度なら特に問題もないでしょう。

次は面倒といえば面倒な窓埋めです。ただ埋めるだけではいけないところがいくつかあるのですが、それはまた次回詳しく書きたいと思います。それではまた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マヤカン

Author:マヤカン
他愛もない趣味活動の記録と記憶。
釣ったり撮ったり走ったり。日々是平穏、暢々日和。

※すべての画像はクリックで拡大します。また画像は特記ない限り全て管理人撮影のものです。悪意あるものでなければご自由にご利用ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ