なんでもない毎日が、かけがえのない宝物なのん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀勢本線遠征記 -Twilight Express-

今年の夏以降何度となく走りファンの間で話題となっていた紀勢本線トワイライト。気候のいい時期に走ったこともあり数々の激Vカットを生んでいたようですが、私自身はアクセスの悪さもあり一度も行っていませんでした。年内ラストとなる運転が決定した時も特に行くつもりはなかったのですが、例によってTwitterのフォロワー勢から誘われありがたく便乗させていただくことに。今回はその遠征の模様を書きたいと思います。

22時半頃鉄研の後輩とともに新今宮で拾ってもらい、先に乗っていた3人とともに大阪を南下。和泉付近で最後の1人を拾い、そこから大阪府を突っ切ってまっすぐ奈良へ向かうルートとなりました。当初通過を予定していた国道168号は凍結箇所があるということで一時は169号の迂回も検討したようですが、結局168を強行突破することに。これといって危ないシーンはなかったように思いますが積雪・凍結は序盤から見られ、その先では急カーブの連続で久々に車酔いダウン。早々にくたばっていましたが、なんとか生きて新宮にたどり着くことができました。

最初の撮影地は6人全員一致で新宮-三輪崎間のかぶりつきアングルとなりました。4時過ぎに置きゲバを済ませ一旦は車に戻ったものの結局誰も寝ることなく夜明けを迎え、人も増えてきたので眠い目をこすりつつ撮影地へ。そして協議の結果、当初置きゲバしていたストレートを捨てて奥のS字カーブへと転戦。やはり単調なストレートよりはダイナミックなS字のほうがいいのでしょう。線路に落ちていた防潮堤の影が少しずつ引いていく中、新宮行きのトワイライトエクスプレスが定時に姿を現しました。
DSC_4367.jpg
2014/12/07 08:29 三輪崎-新宮 1/1000, F8, ISO400(RAW現像済み)

正面まで光が回りきらなかったのは残念でしたが、ダイナミックなS字カーブを爆走するDD51を完璧に捉えることができました。後ろにある見通し不良の警戒標識が編成に刺さるか最後まで心配していましたが、こちらも運良く抜けてくれたので一安心です。このあとすぐに逆方向からくろしお14号がやってくるということでついでに撮影。久々にD3のクロップ機能を使い遊び半分でカツカツに撮ったつもりだったのですが……
DSC_4379.jpg
2014/12/07 08:42 新宮-三輪崎 1/1600, F8, ISO400(RAW現像済み)

ゆるいS字に躰を乗せ半面光の状態で爆走してきた381系くろしお色。このアングルで撮っていたのは現地でたまたま居合わせたフォロワー某氏と私の2人だけでしたが、皮肉にもこれがこの日一番のVカットに。練習電やおまけのほうが綺麗に撮れるジンクスは今も健在のようですが、この写真も381系が減ってくるころにはそれなりに貴重な記録になっていることでしょう。

夜明け前は凍えるほど寒かったものの、一旦日が昇ってしまえば温暖な太平洋側ではさほど寒さも感じることはなく、めいめいのんびりと撤収し次の撮影地へ。新宮に到着したトワイライトエクスプレスは展示会の後紀勢本線を上っていくため、途中の停車時間を利用して追いかけつつ数撃ちをしていく算段です。海沿いをまっすぐ進み2人は古座川で突放。残る4人は少し戻って定番の紀伊浦神へと向かいました。うち1人は寝不足だったのか車でダウン、もう1人はまだキャパに余裕のあった大俯瞰へと赴き、私と後輩は小俯瞰であると思われるポイントへ。道がわからず無茶な登り方をしましたが、なんとか小俯瞰のてっぺんに到達し列車を待ちます。
DSC_4412.jpg
2014/12/07 11:12 下里-紀伊浦神 1/1600, F8, ISO400(RAW現像済み)

磯場の続く複雑な海岸線と穏やかな入り江に浮かぶ養殖用筏、これこそ紀勢本線と言うべき姿ではないでしょうか。少し雲は出ていたものの海が鉛色になるほどではなかったので一応許容範囲としておきます。しかしこのカット、現像してから気づいたのですがカマの前に車が……連写自体はかなりしていたのであとあと車の写っていないカットを探さなければなりません。

ここでものんびりと撤収し先に古座川で突放した2人と合流しましたが、その先の撮影地を誰も考えていないというまさかの事態。とはいえ撮り鉄が6人も集まればそれなりに案は出てくるもので、串本の停車時間を利用して先行し田子-田並の有名撮影地へ。既にかなりの人が集まっていましたが、線路際の下段がなぜか空いていたので陣取って待つことにしました。ファインダーを覗いてみると下から伸びてきている木が構図の邪魔になっておりなるほどこれは空くわけだと思いましたが、そのまま撮るのも癪なので盛大にガーデニング。一仕事終えるとまもなく列車がやってきました。
DSC_4449.jpg
2014/12/07 12:41 田並-田子 1/1000, F8, ISO400(RAW現像済み)

1/3面光をよしとするかどうかは人によって判断が分かれるところではありますが、とりあえず未撮影(多分)だった1109号機を押さえられたのは幸運でした。これで宮原のDD51は全機撮影済みとなりました。

この先周参見でまたもや長時間停車ということで、最後の一発はド定番の日置川橋梁へ。移動中から雲が出始めて嫌な雰囲気になり、回復しないまま時間が過ぎていきます。なんとか晴れてくれと祈りながらややサイド気味に構えて列車を待ちますが……
DSC_4527.jpg
2014/12/07 13:52 周参見-紀伊日置 1/1000, F5.6, ISO500(RAW現像済み)

手前はドン曇り、後ろの山だけ晴れるという最悪のドラマティックマンダーラであえなく撃沈。極低速での通過だったため長時間に渡って何百何千回のシャッター音が響き続けましたがその音も虚しく聞こえます。最後がこのザマというのはあまりにもしまらない感じはしますが、通過する列車から手を振る大勢の乗客たちとそれに応える撮り鉄集団の姿は何やら心温まるワンシーンでした。

最後の結果はどうあれこれ以上の追っかけはなく、一同ここで撤収となりました。往路や移動中は賑やかだった車中もさすがに20時間近い強行軍のせいで全員疲れ果てており、大変静かな帰り道だったと記憶しています。冷水浦のあたりから先はもはや記憶に無く、何度か目を覚ましつつもほぼ眠りこけていたようで完全に覚醒した時は既に堺に達していました。見慣れた都会の光を横目に20時過ぎ頃新大阪に帰着し、無事全行程終了となりました。11月の2度の滋賀・北陸ミニ遠征、そして今回の紀勢遠征と何度も便乗させてもらいましたが、やはり撮影に専念するなら車は必須だと痛感しています。早く自分も便乗してもらう側になるべく早めに免許を取ってしまおう、そう決心を新たにした遠征でもありました。

次回は久々の新機材レビュー・試写記録でも載せようかと考えています。詳細は更新時に書きますが、D3導入後ずっと悩みの種であった中〜超望遠域をついに手に入れたので、その楽しさを存分に味わってみたいと思います。それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

マヤカン

Author:マヤカン
他愛もない趣味活動の記録と記憶。
釣ったり撮ったり走ったり。日々是平穏、暢々日和。

※すべての画像はクリックで拡大します。また画像は特記ない限り全て管理人撮影のものです。悪意あるものでなければご自由にご利用ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。