なんでもない毎日が、かけがえのない宝物なのん

蒼き翼

先週ドン曇りの大敗北を食らった583系団臨。補正のしようもないような目も当てられない写真しか撮れませんでしたが、今週もう1度あるということで同じメンツでリベンジに向かいました。と言いつつ今回も予報は絶望的で、少なくとも滋賀県内は撃沈確定の雰囲気。朝5時前に松ヶ崎で拾ってもらった時に初めて聞いたプランは最初に南条まで北上し撮影、その後敦賀での停車を利用して追っかけるというものでした。

前回と同じ途中峠越えルートで湖北を目指す車に便乗し、4時50分頃京都を出発。滋賀県内に入っても天気は悪くなさそうな感じで星も見えていましたが、前回もそのコンディションから一気に曇られたためあまり期待せずに北上を続けます。追坂峠を越えて敦賀へ入り、通過10分前になんとか南条のストレートへ。
DSC_4140.jpg
2014/11/28 07:05 王子保-南条 1/800, F3.5, ISO640(RAW現像済み)

晴れる可能性もあったため首カックンを捨ててのストレートでしたが結局稜線の雲に遮られて日は当たらず。しかし背景の紅葉とオレンジ色に染まる千切れ雲が美しく、なんとか夜明け前の北陸路を往く寝台車の雰囲気が出せたので前回よりはマシな出来となりました。

ここでのんびりしている暇はないので三脚を畳みつつダッシュで車に戻り、北陸道に乗って湖西線方面へ。追っかけには自信も実績もあるという運転手某氏を信じて天気の確認と撮影地の選定に集中します。滋賀県内は天気が怪しいという予報でしたが、敦賀周辺もコンディションは微妙で新疋田界隈は山影の中、南下してチェックしたマキノは中途半端に日が当たってマンダーラという状況で、結局太陽の位置を確認し前回曇られた近江中庄に決めました。現地に着いてみると太陽方向やや下側に若干の薄雲があるもののもはや光を遮るものは何もなく、前回のドン曇り確定でしらけた雰囲気とは対称的な気分で列車を待ちます。
DSC_4173.jpg
2014/11/28 08:06 マキノ-近江中庄 1/1600, F7.1, ISO200(RAW現像済み)

雲ひとつないド快晴の完璧なコンディションの中、蒼い翼をいっぱいに広げて美しい国鉄色が走り去っていきました。もはや語る言葉もないぐらい喜びの一言に尽きる感無量のワンカットとなりました。そして機材を畳みつつ同行の3人と集まり一同ガッツポーズ。前回の借りを返してなおお釣りのくる激V遠征に4人とも笑いが止まらない感じでした。ちなみにそのうち1人はこのあと1限授業があるということなので今回は貨物は撮らずに撤収。結局1限開始時刻にはさすがに間に合わなかった(らしい)ものの帰りも運転手某氏の韋駄天走りは健在でした。まぁ何度か怖い場面はあったものの、帰ってきてしまえばすべて笑い話。出町柳で降ろしてもらい、気分上々で京阪の前面展望を楽しみつつ大学へと向かったのでした。

来年には早々に全検が切れると噂のN1・N2編成。次の検査があるかは怪しく、かつて全国を縦横無尽に走り抜けた583系もいよいよ形式消滅の時が近いのかもしれません。もしかすると関西へ来るのはこれが最後になるかもしれないと言われていますが、たとえそうなったとしても後悔はないでしょう。
最後になりましたが、2週連続で宿を貸してくださった先輩、楽しい遠征を満喫できた3人の同業者の皆さん、その中でもこれだけの強行軍を可能にしてくれた韋駄天走りの運転手某氏に心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
プロフィール

マヤカン

Author:マヤカン
他愛もない趣味活動の記録と記憶。
釣ったり撮ったり走ったり。日々是平穏、暢々日和。

※すべての画像はクリックで拡大します。また画像は特記ない限り全て管理人撮影のものです。悪意あるものでなければご自由にご利用ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ