なんでもない毎日が、かけがえのない宝物なのん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンク車両を改造してみる

1ヶ月ほど前から集めていた「日本海」の車両は一通り集まり、いよいよ実車に即したグレードアップや改造を施していく段階になりました。とはいえいきなり新品車両に手をつけるのも怖いので、とりあえずジャンク車両を生贄としてみることにしました。今回はその手順の備忘録のようなものです。

今回生贄としたのはKATO製オハネフ25(400円)。相当古い型らしく、今の模型とは構造が全然違って分解に手間取りましたがその話はまた別の機会に。改造と言っても大したものではなく、車掌室の窓を縮小するだけです。

【手順】
①適切なサイズに切り抜いたプラ板をはめ込む
②プラ板をテープで裏から仮止めし、隙間をパテで埋める
③パテが乾いてきたら裏から補強用の接着剤を流し込む
④完全に乾いたら紙ヤスリで形を整える
⑤塗装

たったこれだけの作業ですが、いかんせんサイズが小さいので恐ろしく集中力が必要でした。元の窓サイズは縦5.5mm横4mm、縮小後の窓サイズは縦3mm横2mm程度と相当小さいため、目が悪い人なら認識すら難しいレベルでしょう。ちなみに実際の作業の様子はこんな感じです。

写真 12-05-13 16 13 29

写真 12-05-13 17 37 04


今回一番苦戦したのは④でした。マスキングテープを貼っているとはいえ余計なところまで削ってしまう可能性を完全に排除することはできず、ここが解決しない限り新品車両に手をつけるのは難しそうです。テープを二重三重にして強度を上げるぐらいしか解決策はなさそうですが……

肝心の結果ですが、可もなく不可もなくと言った感じでしょうか。一応は成功したと思うのですが、加工跡が目立たないのは単に元の車両が汚いからという気もします。できればもう1台ぐらい生贄にして実験してみたいのですがそこまで余裕もなく、窓縮小はこのまましないで放置するかもしれません。

揃った編成についてはまた次回書きたいと思います。それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

マヤカン

Author:マヤカン
他愛もない趣味活動の記録と記憶。
釣ったり撮ったり走ったり。日々是平穏、暢々日和。

※すべての画像はクリックで拡大します。また画像は特記ない限り全て管理人撮影のものです。悪意あるものでなければご自由にご利用ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。