なんでもない毎日が、かけがえのない宝物なのん

登山記録 西山谷

最近すっかり鉄専用と化していた当ブログで登山記録を書くのはほぼ1年ぶりでしょうか。どうやら記事にするのは昨年5月以来のようですが、久々に山に行ってきたので記憶の新しいうちにしっかり書いておきたいと思います。

本格的な山行はおそらく昨年5月のハチノス谷以来とほぼ1年ぶりになりますが、あまり暑くなると私のような体力のない人間はすぐ疲弊してしまいますし場合によっては熱中症等の危険もある、ということで山に行くのはどうしても春秋に固まってしまいます。しかし今ぐらいの時期ならその心配もなく、山のほうならまだ桜も残っており、加えて前日の雨のおかげで沢に入れば大迫力の滝が楽しめるに違いないと出撃。過去に摩耶東谷・芦屋地獄谷・ハチノス谷の単独踏破に危なげなく成功したことを考え、表六甲では定番かつ難関との呼び声高い西山谷への入渓を決めました。過去何度も滑落などの遭難事故が発生している危険地帯で決して気は抜けませんが、堰堤・滝とも巻道がしっかりとしておりそちらを確実に使えば初心者でも問題なく通過可能という人もいます。トレッキングシューズで足元を固めただけの私は無理はせず、滝はすべて巻き危険なら途中で油コブシへエスケープする、ぐらいの気持ちで入山しました。

若干寝坊したものの10時過ぎに家を出てJR住吉駅からバスに乗り、渦森台4丁目BSで下車。この先の河原広場は小さい頃よく父に連れてきてもらった場所なのですが、その奥にあるのがまさか難関西山谷だとは思いもしませんでした。ともかく千丈谷第一堰堤の横を通過し、10時50分に谷へと足を踏み入れます。
写真 2015-04-11 10 50 46
10:50 千丈谷第一堰堤横の道標

第二堰堤と第三堰堤を越えるといよいよ谷へ。思った通り前日の雨のためか水量は多めで、涼しげな気持ちのよい沢が楽しめます。踏み跡は比較的しっかりとついておりますが紛らわしいところもいくつかあり、最初からある程度のルートファインディング能力を求められました。入渓してすぐは小滝が連続しており、どれがどの滝かは判然としません。
写真 2015-04-11 11 11 02
11:11 F2?
写真 2015-04-11 11 12 13
11:12 F3
写真 2015-04-11 11 15 19
11:15 F4

いくつかの小滝を越えつつ沢伝いに歩いて行くと、ほどなくしてこの谷最初のハイライトであるF5「ふるさとの滝」に到達します。この谷に多い岩肌を流れるだけの滝とは違い、垂直に切り立った岩と岩の間の割れ目を豪快に落ちる立派な滝です。写真では伝わりづらいですが、実際にはかなり高度感がありました。
写真 2015-04-11 11 24 03
11:24 F5「ふるさとの滝」

この滝は少し下流の左側から巻くのですが、岩の割れ目直上付近は苔が多くて滑りやすいうえに足をかける場所が少なく、個人的に一番危ないと感じた場所にはロープもないため滑落の危険があります。かといって右側から巻くこともできないのでなんとか足場を探して慎重に通過しましたが、高いところはあまり得意でないこともあって正直生きた心地がしませんでした。

やっとのことでふるさとの滝を越えると次の難関は悪名高き第五堰堤です。この谷ではもっとも危険な巻道を通る必要があり、過去に死亡事故も発生しているとのこと。覚悟を決めてセオリー通り下流左手のから巻きにかかります。
写真 2015-04-11 11 29 57
11:29 第五堰堤

巻道に取り付くとまもなく鎖場がありますが、ここは手足をかける場所がしっかりしており確実に三点支持ができれば鎖なしでも越えられそうな感じです(もちろん初見は怖いので鎖使いましたが……)。少し時間はかかったものの無事登りきり堰堤頂部のさらに上を高巻きしてさらに奥へ。すると垂直岩盤の上からロープが下がっており、どうやら下に降りられる模様。ヒヤヒヤしながら降りてみますが、増水のためか池状になっており沢靴を持たない私に強行突破できるような水深でもないので諦めて登り直し、かすかな踏み跡を頼りにさらに奥に進んでからなんとか沢に復帰することができました。さすが悪名高い第五堰堤越え、もう勘弁してくれといった感じです。ですが焦らずしっかりホールドできるポイントを探せばなんとか通過できるかなというところでした。このあとしばらく歩くとF6があります。
写真 2015-04-11 11 45 54
11:45 F6

F6の手前あたりから見えてくる豪快な水しぶき。F6を越えるとすぐに視界が開け、広場の奥に落差20mを越えるであろう立派な大滝が姿を現します。ここがこの谷の核心部、通称西山大滝です。写真ではいまいち高さが伝わりませんが、下まで行ってみるとその姿はまさに絶壁。ここまで苦労して歩いてきた者だけが見ることのできる秘境の大滝は迫力満点で、頑張って歩いてきた甲斐があったというものです。
写真 2015-04-11 11 47 29
11:47 F7「西山大滝」

滝の前で気持ちのよい陽射しとマイナスイオンを浴びてしばし休息。持ってきたフィルムカメラで何枚か写真も撮ったのち左側から高巻き、無事大滝を越えました。ここから先はしばらくそのまま谷沿いに歩き、堰堤は適宜巻いていく感じになります。やや巻道がわかりにくいところがあったり支谷との分岐があったりしますが、巻道は高巻きしてもすぐ沢へ降りる踏み跡を探し、川の分岐では水量の多いほうを選べば間違えることはほぼなさそうです。とはいえ事前のリサーチは必須ですが。
写真 2015-04-11 12 01 08
12:01 F8
写真 2015-04-11 12 09 30
12:09 F9
写真 2015-04-11 12 10 54
12:10 F10「二条ノ滝」
写真 2015-04-11 12 13 07
12:13 F11
写真 2015-04-11 12 18 51
12:18 F12

大滝以降は順調に登り続け、小滝が多かったためF13がどれかは判然としなかったもののほとんどの滝を確認することができました。F13を素通りしたあと小さな堰堤を1つ越えたところで小休止し、ここで昼食。おにぎりを頬張って燃料補給し再び遡行開始です。
写真 2015-04-11 12 46 20
12:46 F14
写真 2015-04-11 12 47 30
12:47 ラダーステップつき堰堤

ここまでの堰堤はすべて巻道を利用した高巻きでしたが、この堰堤のみ比較的最近作られたためか作業用と思しきラダーステップがついており簡単に越えることができました。上る前は高度感があり怖かったのですが、いざ足を掛けてみれば下を見る暇もなくひたすら上るしかないので特に恐怖感はありません。ただただ面倒なだけですね……

このあとさらに一つ堰堤を越えますが、ここは少々道が厄介でした。右に逸れていく支谷との分岐点を過ぎるとすぐに堰堤があるのですが、これを巻くには分岐点付近から2つの川の間にある尾根方向に行かなければいけません。ただし尾根を登りすぎると別の方向に行ってしまうので、本流である左の川を見失わないように登りました。途中鎖場と階段があり、そこを越えるとクリアとなります。堰堤を高巻いて沢に戻るとすぐにF15に出会いました。
写真 2015-04-11 12 57 51
12:57 F15「ソーメン滝」

細い水流がいくつも岩肌を這っており、さながら麺のような様子。ソーメン滝とはよくいったものです。左側を直登できそうな雰囲気でしたが、ヤマレコのある記事では滑りかけたため引き返したと書いていたのを思い出しおとなしく巻道を選択。谷に戻るとすぐにF16があり、ここまで来ればもう終盤です。
写真 2015-04-11 13 03 02
13:03 F16

ここまで来れば水量はさほど多くはありませんが、それでも立派な滝です。この滝を越えるといよいよ出口は近く、最後の滝であるF17「愛情ノ滝」に到達しました。
写真 2015-04-11 13 06 40
13:06 F17「愛情ノ滝」

細くとも力強く落ちる一筋の水流に引っ掛けて「愛情ノ滝 あなた一筋に」とのこと。ふるさとの滝といい、もしかしてこの手の命名って結構言葉遊びが入ってるのでは……と思いつつ滝をよく見ると右側にもう1本細い水流が。昨日の雨のため増水しているのでしょうが、これじゃ一筋じゃねえじゃん!などと心の中でツッコミを入れつつ右側から高巻きます。ちなみに家に帰ってから他の人の遡行記録を見ると「今日は水量も多く、隣の通称『不倫の滝』も元気であった」などと書かれていました。まったく同じことを考えていたとは言えるはずもなく。ここで迷うと谷から脱出できなくなるおそれがあるので慎重に道を選び、鎖場を越えてしばらく登ると笹薮に入ります。膝上から腰ぐらいの高さはありますが、踏み跡は明瞭で特に迷う要素はありません。10分ほど歩くと山上の建物が見えてくるようになり、やがてサンライズドライブウェイへと脱出。無事本谷の正規ルートを完走することに成功しました。
写真 2015-04-11 13 24 19
13:25 サンライズドライブウェイ出合

所要時間は入渓から脱出まで2時間35分、途中休憩したり写真を撮ったりしていた時間を除けば歩行自体はせいぜい2時間というところでしょうか。決して長い谷ではありませんでしたが一瞬たりとも気は抜けず、緊張感を保ちつつも清流住吉川の源流域を存分に楽しむことができました。また一般によく言われる「未経験者の単独入山はご法度」「登攀用具が必要な谷」などですが、インターネットの発達したこの時代、先人の記録をよく読んできちんとメモをとって微妙なところでは必ず確認するようにすれば道に迷う危険もほとんどなく、単独での踏破が必ずしも不可能というわけではないというのが正直なところです。もちろん万一のことがあった時に消防・警察等にすぐに連絡してくれる同行者がいたほうが良いのは間違いないのですが、事前準備を怠らず安全な巻道を丁寧に探し辿っていくことさえできれば十分に歩けると思います。登攀用具は滝を直登するならもちろん必須だとは思いますが、巻道を探すなら備え付けのロープや鎖等で十分に越えられると思います。現在残されているものは強度的にも問題なさそうなのでどんどん使っていっていいのではないでしょうか。ただし最低限三点支持による急斜面の登り降りはできないと厳しいと思います。

難関と言われるだけあってこれまで経験した谷とは比較にならない厳しさでしたが、そのぶん滝も立派で歩いていて本当に退屈しない谷でした。ふるさとの滝巻道と第五堰堤の巻道で相当怖い思いをしたのでまた行きたいかと言われると微妙なところではありますが、いずれ沢靴を買うことがあればその時は真っ先に歩いてみたいところです。市街地の裏山のようなところにこんな自然が残されている六甲山、せっかく地元に住んでいるのだしこれからもっと楽しまねばと思えた山行でした。
スポンサーサイト

登山記録 芦屋地獄谷-雨ヶ峠-六甲最高峰-有馬温泉

GW前、高校時代の先輩から「お前は山に登りたいはずだ」と意味不明な電話がありました。最初は何のことやらさっぱりでしたが、同じような電話をもらって集まった高校時代の部活の先輩後輩合わせて8人で地元の六甲山へ登る流れに。今回は新設カテゴリ「山歩記」でその模様をお届けします。

快晴の5月4日、10時半頃阪急芦屋川駅を出発。既にハイカーで賑わっており、ここから先の混雑が容易に想像できてしまいます。この日は大谷茶屋からロックガーデン中央尾根・風吹岩・雨ヶ峠・七曲りを経て六甲最高峰に到達し、そこから反対側へ降りて有馬温泉で汗を流すという計画でした。

20分ほど歩いて山道の入り口に到達。予想以上の大渋滞でさすがに辟易しました。しかし迂回路もないのでしばし足を休めつつ渋滞に身を委ねます。
P5040008.jpg
(同行のねあっこさん提供写真 許諾済)

大谷茶屋の人に話を聞くと、今日はメインのルートは山の上までずっとこの調子とのこと。元より大谷茶屋から風吹岩までは1人で迂回の谷道を通るつもりでいた私ですが、結局8人とも迂回路へ行くこととなりました。中央道より当然難易度は高いのですが、高校時代山に行くイベントが数多くあったため問題ないだろうという判断です。さすがに少々強引だったかもしれないと今になって思いますが……


なんとか渋滞を抜け、震災で崩壊したゲートロックを横目に西の迂回路である地獄谷へと突入します。ここは高校時代に一度単独踏破に成功しており、中央道より少ないとはいえ幾人かのハイカーの姿も見られたためさほど緊張することなく歩けました。過去に谷を強行突破しようとして迷った経験があるため、今回はおとなしくロックガーデン中心部へと抜ける道を選択します。

DSC_0455_20140506005724023.jpg
川に沿って歩くとこのような小滝が連続しており、涼しげな沢歩きが楽しめました。防水トレッキングシューズ装備の私は滝の直登にも挑戦。全身を使って登っていくスリルと登り切った時の達成感は本当に病みつきになります。大小合わせて10以上の滝を越えると分岐点の目印「小便滝」があり、ここからいよいよロックガーデンへと突入です。

谷を抜けてしばらくするとA懸垂岩、通称Aケンの下に出ました。この岩は登山道ではないのですが、せっかくなので景色を楽しむため登ることに。写真は先頭を登る私です。
P5040046.jpg
(写真提供:ねあっこさん)

DSC_0463.jpg
足の竦むような岩を登り切った先にはこんな絶景が広がっていました。つい1時間ほど前に歩いていた芦屋の町から大阪平野まで一望できる最高のスポットです。こんな面白い場所が市街地のすぐ近くにあるというのはよくよく考えてみれば不思議なことかもしれません。しばし時を忘れて目の前の景色を楽しみました。

DSC_0465.jpg
後ろ髪を引かれる思いでAケンを後にし、Bケン跡やCケンを通過しながら風吹岩を目指していると奇妙な雲が目に入りました。おそらく彩雲と呼ばれるものだと思いますが、このあと1分もしないうちに消えてしまいました。普段見かけることのない七色の雲を前にメンバー一同首をかしげました。

DSC_0466.jpg
途中でお会いしたパーティの方の道案内にも助けられ、迷うことなく万物相に到着。鉄塔がなければここが日本だと言われても信じられないかもしれない、そんな奇妙な場所でした。花崗岩質の六甲山が産んだ自然の芸術と言ってもいいのではないでしょうか。風化が進んで危険なところもあったので慎重に通過しました。

このあと無事風吹岩手前で本ルートに合流、ここからは道なりにひたすら最高峰を目指して登ります。前半でかなり神経を使ったところで目に入ってきたのは「風吹岩 標高447m」の文字……六甲最高峰は931mのため、まだ半分も来ていないことに気づき一瞬戦意を喪失しかけました。

DSC_0478.jpg
疲れた時は燃料補給、ということで混んでいる風吹岩を回避してすぐ近くの横池で昼食に。イノシシが頻繁に出没するということで警戒していましたが、幸いこの日は遭遇することはありませんでした。

1時45分頃横池を出発し、最高峰目指して行軍再開です。道が整備されていて歩きやすいのはいいのですが、地獄谷やロックガーデンを歩いたあとだといささか物足りなく感じてしまうのが惜しいところです。そのうちそんな呑気なことを言っていられなくなるのですが……

途中ゴルフ場を抜けるあたりでこんな扉が。六甲山系にはイノシシが多く、このようなイノシシよけの扉は結構見かける気がします。体力的に一番キツかったのはこのあたりで、約2名の元気な山ガールたちに置いて行かれそうになりながらなんとか登っているという感じでした。ここの扉には手作り感溢れる看板がかかっており、脇に小さく「ガンバレ 栄冠は君に輝く」の文字。果たして最高峰の栄冠は輝く、のでしょうか……
P5040071.jpg
(写真提供:ねあっこさん)

雨ヶ峠を無事に越え、七曲りを経て本庄橋跡を通過したあたりからだんだん疲れを感じなくなってきました。いわゆるランナーズハイに近い状態なのか、足取りも軽くどんどん登っていくことができました。最初は8人団子になって歩いていましたが、このあたりから先頭を無心で歩いていた私からは見えないぐらい最後尾まで離れていました。最初は見るだけで辟易していた長い階段もこのあたりになると全く気にならなくなり、最高峰近くの一軒茶屋までひたすら飛ばしました。

3時20分頃一軒茶屋に到達、ここで全員合流して名物らしいサイダーで乾杯しました。ただのサイダーがこれほど美味しく感じられたのは初めてかもしれません。ここまで来れば最高峰はもう目の前、一気に登り切ってしまいます。午前中いた場所が遙か下に感じられました。

DSC_0486_20140506022532198.jpg
約5時間の行程を経て無事山頂に到着。高校1年の時以来となる六甲最高峰到達ですが、やはり下から山頂まで上がるというのは特別なものを感じます。ここで記念写真を撮ってそのままエスケープ、とできればよかったのですが、車はもとより公共交通機関もないここでは六甲山中心部の観光地へ抜けるかそのまま山を越えて有馬・宝塚方面へ下るしかありません。ここは疲れた体に鞭打って予定通り有馬温泉目指して下山を開始します。

下りの魚屋道もよく整備されており、裏六甲の代表ルートといった感じです。時折別のパーティを追い抜き抜かされ、談笑しつつあっという間に有馬へ到着した頃には既に日はかなり傾いていました。少し歩いて銀の湯に到着、ゆったりと汗を流して全行程無事に終了です。

温泉でリフレッシュしたあとは有馬の町並みを楽しみつつ神鉄有馬温泉駅へ向かいました。ここから鈴蘭台・湊川を経由して三宮へと帰還するルートです。せっかくカメラも持ってきたので有馬温泉駅近くで少し遊んでみました。
DSC_0508.jpg
線路沿いの道から俯瞰気味に。粟生線等では新車も導入されている神鉄ですが、ここでは昔ながらの車両が今も細々と頑張っていました。思わぬところで鉄分補給もできて大満足です。

谷歩きに岩登り、最高峰登頂からの温泉と非常に密度の濃い1日で疲れましたが、靴のおかげか足腰の筋肉痛などはまるでありません。マメもできず蒸れることもなく終始快適に歩けたので予想以上に楽しめました。市街地のすぐ近くにこんなに楽しいフィールドがあるというのはほとんど忘れかけていたのですが、この山行でその楽しさを思い出しました。これから暑くなる一方ですが、たまには健康的に山に登ってマイナスイオンを浴びるのもいいかもしれません。
プロフィール

マヤカン

Author:マヤカン
他愛もない趣味活動の記録と記憶。
釣ったり撮ったり走ったり。日々是平穏、暢々日和。

※すべての画像はクリックで拡大します。また画像は特記ない限り全て管理人撮影のものです。悪意あるものでなければご自由にご利用ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ