なんでもない毎日が、かけがえのない宝物なのん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017シーズン宗谷ラッセル追っかけの記録

北海道から帰ってきてはや1週間近く。重い腰を上げて現像も済ませたところで、結局今回も期せずして遠征のメインとなった宗谷本線ラッセルのネタでも書こうと思います。

2015年度で終わりだなんだと噂の飛び交った宗谷ラッセルも、蓋を開けてみれば何事もなかったかのように走り始めました。とはいえ時刻が大幅に変わったという話もあり、中には追っかけはもう無理だ……なんて声も。しかし停車パターンが変わっただけで列車自体の速度が上がったわけでもない、となれば追っかけは可能なはず。詳細な時刻もネットに出ているのでどれほど撮れるモンなのかと試してきました。昨年友人が書いていた追っかけ指南の焼き直しみたいなものです。二番煎じだろって?そうだよ(便乗)

1発目 勇知駅周辺
DSC_9765
8時過ぎに南稚内を出る雪372レ。日本海側を走り、天気に恵まれれば名峰・利尻富士も拝めるこの界隈からまずはスタートです。写真は昨年抜海-勇知間で撮影したものです。今回は勇知駅を出て2つ目の踏切付近で利尻富士バックを狙ったのですが当たり前というべきか山は厚い雲の中。諦めて接近戦に臨んだもののウイングすら開かないという残念な結果に終わりました。

2発目 豊富-下沼
DSC_4711
兜沼を経由して国道40号に合流すればいよいよ本格的に追っかけ開始です。勇知から国道までの道はカーブも多く、夜間除雪がされないなど条件が悪いので無理はできません。国道をしばらく走って豊富市街を抜けたところで右に入ってオーバークロスへ。ここは道も広くクルマも横付け可能で収容人数も多いので楽に撮れました。

2.5発目 下沼-幌延
有名な国道オーバークロスやその先の踏切など撮影地の多い下沼界隈。2発目を撮ったあとノロノロ撤収していたらオーバークロスに間に合ってしまったのでその先の踏切を目指しましたが実はギリギリだったらしくすんでのところで間に合わず。あのままオーバークロスに行っていればと悔やみましたが、ここで無理をする必要はないように思います。道路条件がよければ間に合うかも、ぐらいに考えていたほうが安全でしたね……

3発目 安牛-雄信内
DSC_4755
言わずと知れた雄信内俯瞰。昨年まで10分程度あった幌延駅での停車が2分に削られ厳しくなったかと思いましたが、行ってみれば無理をしなくても普通に間に合いました。ただし今回は下段での撮影、しかも先客大勢で踏み跡がしっかりついているという好条件だったことは申し添えておきます。雪の深い状態で上段の俯瞰を目指すとなれば2発目から直行したほうが安全な気はします。

DSC_0667
ちなみにこちらが昨年登った上段での写真。最後の急な上りが厳しくキャパも狭いですが、長靴があれば十分登れるのも事実です。やはり時間があればこちらのほうがいいですね。

4発目 歌内-天塩中川
DSC_4771
雄信内で普通列車(4323D)と交換のため5分停車、その後トンネル内のつらら切りをするためここから先は相当時間がかかります。見かけの停車時間以上のマージンを安全に築けるのがここです。俯瞰からのんびり降りて身体についた雪を落としていても次の撮影地には余裕で間に合います。この近辺は派手な接近戦が楽しめるので、気合を入れるならここでしょうか。今回は雪の量こそ少なかったものの晴れてくれたので気持ちのよい撮影ができました。

5発目 天塩中川-佐久
DSC_4791
天塩中川駅では列番が変わり、ここから南は雪362レとなります(昨年までは音威子府で列番変更)。スーパー宗谷1号とここで交換するのは変わっていませんが、停車時間も30分と余裕があるので天塩中川を挟んで確実に2発撮ることができます。佐久ストレートはすっかり晴れ渡り、この日一番のコンディションとなりました。

6発目 恩根内-紋穂内
DSC_0606
今シーズンのダイヤで最も変わったのは音威子府停がほぼなくなったことでしょう。ここをクローズアップして追っかけは無理などという話が出るのも仕方ないのかもしれません。佐久界隈を早めに切り上げてその後をカットすれば恩根内には余裕をもって到着可能です。ここは昨年、写真のように晴れで爆雪という最高のコンディションだったので二匹目のどじょうを狙ったのですが、急に湧いてきたちぎれ雲に阻まれラッセルは回雪で撃沈。ここが晴れれば切り上げて音威子府に戻り名物そばを食らう予定だったのですが、このままでは終われないので泣く泣く諦めて南下します。

7発目 北星-日新
DSC_4829
撮りたいカットがあるから、というよりはもはや様式美。宗谷ラッセルを志して知らぬ者はいないド定番中のド定番、東恵橋。結局恩根内と同様回雪に近い状態でしたが、やはりここまで追っかけてきた満足感だけはありました。美深の停車がなくなった分その界隈からの追っかけは厳しくなりましたが、それより北からであれば十分追いつけるようです。

追っかけの行程同様ブログもダラダラ書いてしまいましたが、当初の予想通りというべきか列車自体の速度が上がったわけではないので追跡自体はそう難しいことでもありませんでした。とはいえ貴重な長時間休憩だった音威子府の停車がなくなったのは痛いですし、吹雪や凍結等コンディションによっては危険なのも事実でしょう。飛ばさなくても追いつくという意識を持って安全にいきたいものです。

桁外れのスケールで列車を追いかけ、雪にまみれて写真を撮る。行くまでも着いてからも過酷ですが、それに見合う刺激たっぷりの楽しさをくれる宗谷ラッセル。来季も同じような勇姿を見せてくれることを願ってやみません。
スポンサーサイト

はしれディーゼルきかんしゃデーデ

大盛況の撮影会も一区切りを迎え、本日の主役DD51 853は入換ののちコンテナホームへ。ここでも撮影会があり、出発10分前にいよいよ出発線に入線です。

10/8 衣浦臨海鉄道半田線
DSC_4195
半田埠頭駅

DSC_4238
半田埠頭駅

大荒れ予報はどこへやら、優しい秋の夕日に照らされて美しく映える朱色の車体。特製ヘッドマークも誇らしげに重々しいエンジン音を響かせて出発を待つ姿を間近で見られたことにただただ感謝です。発車直前にはもはや全国的に貴重となったタブレット受け渡しのシーンもじっくり撮る機会をいただきました。そして定刻、大勢のファンが敷いたカメラの砲列と集まった職員一同の万歳に見送られ一路大府を指してゆっくりと走り去るDD51。見送った後もしばらく余韻の抜けない最高の撮影会でした。

先日1805号機が運用を離脱し、今回のヒーローとなった853号機も先はそう長くない様子。愛知機関区から原色が消える日も遠くないのは間違いありません。天気は万全ではなかったものの、最後の花道と言ってもいいようなイベントになった今回の臨時入線と撮影会の場に立ち会えたことに感謝あるばかりです。間違いなく今年一番の撮影行でした。

埠頭の駅

大盛況の碧南市駅で衣浦臨海鉄道オリジナルカレンダーを3本ほど買い込み、近くのスーパーにピットインしたのち半田線へ。昨年は碧南線のみの撮影でしたが、どうやら撮影会があるらしいとのことだったので今年は転戦なしで居残ってみました。まずは550レの入線からスタートし、入換が完了したところで撮影会スタートです。

10/8 衣浦臨海鉄道半田線
DSC_4018
550レ 東成岩-半田埠頭

DSC_4036
半田埠頭駅

DSC_4095
半田埠頭駅

普段ここまで間近で車両を見る機会はまずないとあって、居合わせた人は皆夢中でシャッターを切っていました。もちろん私もその1人。車両は主役のDD51の他に交検中のKE65、庫内で補修中の部品取り車のわずかに3両でしたが、それを補って余りある大迫力の撮影会でした。

折り返しの551レ発車は16時過ぎということで、撮影会も15時半には終わるだろうというのが大方の予想だったように思います。しかしこの後、良い意味でとことん期待を裏切ってくれる嬉しいサプライズがありました。
(つづく)

鼓動再び

昨年、秋の愛知をこれ以上ないくらい賑わせた衣浦臨海鉄道のDD51代走。あの時スターとなった852号機も既に亡く、愛知の原色機は風前の灯。そんな状況にも関わらず、夢のイベントは今年もやってきました。いざ碧南、オンボロ軽自動車に後輩と乗り込んで出発です。

10/8 衣浦臨海鉄道碧南線
DSC_3785
5570レ 東浦-碧南市

DSC_3824
碧南市駅

DSC_3843
碧南市駅

DSC_3938
碧南市駅

荒天予報はどこへやら、時折晴れ間も覗く程度には持ち直してくれました。明石公園で1発目を撮ったあとは即移動し、入換が終わると即席撮影会の時間。わずか20分ほどの間ではありましたが、生きている釜をゼロ距離で感じられるイベントは今年も健在でした。

この後は午後にDD51が入線する半田線へと転進、さらにカット数を稼ぐべく走り回ります。

(つづく)

北海道遠征の記録 その3(3/5)

北海道旅行も折り返し。2日半戦った石北を後にし、流氷の待つ釧網本線へと向かいます。惜しくも流氷ノロッコ号・SL冬の湿原号には間に合いませんでしたが、雄大な大地と海の狭間を往くローカル線の様子を記録したい、そんな思いで最果ての流刑地へ。

3/5 釧網本線周辺
DSC_0835
3727D 快速しれとこ 浜小清水-止別

DSC_0878
3728D 快速しれとこ 止別-浜小清水

DSC_0907
4732D 止別-浜小清水

DSC_0922
流氷の浜小清水海岸から知床連山を望む

1ヶ月ほど前に友人が訪れた時は流氷など欠片もなかったという釧網本線。期待半分不安半分の訪問でしたが、行ってみれば対岸まで真っ白な一面の流氷。そこには写真で見たことしかなかった道東らしい風景が広がっていました。今回の主戦場は有名な流氷俯瞰・通称「止別の丘」でしたが、ノロッコのないこの時期同業者もおらず、ひたすらのんびりとした時間が流れていました。たまにはこういうまったりしたのもいいものですね。

余談ですが、1本目の快速しれとこには大学のサークルで4年間をともに過ごした友人が乗っていたそうです。前々日あたりから道東に滞在していることはわかっていたのでどこかでニアミスするかもと思っていたのですが、まさかこんな形になるとは思いませんでした。乗って走り去るもの、撮って見送るもの。自由なサークルの気風を象徴するような偶然になんとなく心温まった撮影でした。
プロフィール

マヤカン

Author:マヤカン
他愛もない趣味活動の記録と記憶。
釣ったり撮ったり走ったり。日々是平穏、暢々日和。

※すべての画像はクリックで拡大します。また画像は特記ない限り全て管理人撮影のものです。悪意あるものでなければご自由にご利用ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。